Sunny's Shiny Days☀️
必死のパッチでアメリカを生き抜く!ぶきっちょ元気なママblog♡
アメリカ生活

ロサンゼルス治安危険って本当?公共交通機関は使える?

Pocket

昔は、アメリカ=危険!とか、アメリカ=銃。っていうイメージ。

私の、おじいちゃんやおばあちゃん。。両親も、もしかしたら
私が初めてロサンゼルスに行った時は、このイメージで心配だったかもしれない。

そこで!私が実際にロサンゼルスに住んでみて感じていることを、書きたいと思います。

 

 

ロサンゼルスの公共交通機関をフルに使った学生時代

 

 

私は、アメリカに来る前は、日本でダンスをしながら正社員で働いており

年に2回のボーナスも貯金!お給料もできるだけ貯金!という生活を3年間続け

やっと1年間のアメリカ留学費用を貯めた!

その時すでに26才だったので、10代の頃に散々両親に私の人生に投資していただいていたので、金銭面では甘えずに、自分で自分のやりたい事を叶えたかった。

なので、車がないと生きれないと言われる、スーパー車社会のロサンゼルスで。。

自転車とバスと地下鉄をフルに使いこなし生活をしていた。
(ロサンゼルスでは、地下鉄に自転車と一緒に乗れます!バスに乗るときは、バスのフロント部分に自転車を乗せる機具があるので、ガシャン!って自分で出して自転車を持ち上げて乗せて、留具をカシャっとして、自分はバスに乗り込みます。もはや筋トレの毎日です。笑)

 

ロサンゼルス地下鉄とバスに乗る生活

毎朝7時に家を出て語学学校へ向かう為に、自転車で地下鉄の駅まで行き!

地下鉄に乗り、そして地上に上がり!次に公共のバスに乗って語学学校に 8:45AM 頃に到着する。

私は、ダンスのクラスを夜まで受けたかった為、家はダンススタジオの近くにした。

その為、語学学校がたくさんあるコリアンタウンまでは、車でも1時間ほどかかり。

公共の交通機関を使うと。。2時間弱かかる生活をしていた。

だけど、なんだかそんな大変な毎日すらも、新しい景色で楽しかった。

そして、私が地下鉄に乗っていた時間帯は、サラリーマンがお仕事に行く時間と同じだったので比較的、人も多く危険なことはありませんでした。

語学学校がは午前中までだったので、その後 1PM にバスや電車に乗っても、この時間帯も問題はなかったです。

ですが、基本的に日本とは違う感覚での注意が必要ですので、まとめておきます。

  • バックの全チャックを完全に閉めておく。
  • バックパックであっても、前に抱えて乗る。
  • 人が少ない場所は避ける。(人目が多い方が安全)
  • ヤバイ雰囲気の時は、自分の駅じゃなくても下車!
  • 居眠らない。学校帰りとかウトウトしちゃうけど。頑張って!w
  • 外が薄暗くなったら、乗らない。

 

こういった感覚で乗っていれば。そこまでマズイことは起きないと思います。笑

まぁ。運ということもあるだろうし!

とりあえず、調子に乗らない。自分の感覚を研ぎ澄ます。

背後に人を立たせない!など。何度か使用していれば勝手に身に付くのでご安心を♡

 

公共の交通機関は夜遅くも普通に走っているのに、なぜ乗らない方がいいの?っと言う疑問があると思いますが。それは!
車を買えない人達が使うバスや、地下鉄=低所得者=犯罪が起きやすい環境となるからです。

 

そう。。ここまで言っている私も。。当時どうしても Hollywood で受けたいダンスのクラスがあった時は、夜の8時前に、地下鉄を乗ったこともあります。

その時の姿は。。まさにコレ↓です。(男になるの術を使うのです!)

とにかく、女性に見えないように。

フードを被って、全身スウェットにバックパックで。周りを感知するアンテナはビンビンだけれど。目は、合わせない。

そうやって、自分で自分を守るしかないんですよね。

アメリカでは。。でも無く、これは日本も一緒ですね。

死んだおじいちゃんが言っていました。

「自分のことを守れるのも、信じれるのも自分だけだからね。」っと15歳の時に言われた言葉を、今でも覚えている。

人間関係に対して教えてくれた言葉だけれど。

全てに繋がっているなぁ。と私は理解しております。

 

 

スポンサーリンク


 

 

アメリカでは全て自己責任。後悔しても遅い。

結局私が見てきた留学生で、痛い思いをしている人は。

共通して、日本とは違う雰囲気にテンションが上がり。

色んな所が緩んでいて、隙だらけになった箇所を突かれる。と言った感じかなと。

例をあげておきますので参考までに!m(_ _)m

  • ひとり又は少人数で夜に外を歩く。
  • 英語が理解できなかったのに、ニコニコうんうん。言った結果。
    ダウンタウンまで連れて行かれ、所持品全部盗られて車を下ろされた。
    (もはや、命は盗られず良かった!というレベル。)
  • 外国人に言い寄られ、いたずらされ捨てられる。etc.

とにかく日本人に多いのは、気の緩みと不注意から起きる出来事ばかりだと感じる。

ロサンゼルスでは、例えば夜に窃盗にあった。殴られた。いたずらされた。

と言っても、犯人よりも。。「その時間にそこに居たあなたが悪い。」と言われてしまう。

そう言った環境と感覚を理解した上で!行動をしていれば、問題は無いと思います!

夜にひとりで歩いていても、何も起こらない場合も勿論あります!

だけれど、どこに住んでいようが最後は自己責任。ということを念頭に置いていれば。

人を責めることも、後悔もなく生きれるのかな♡と思います(*´꒳`*)

 

 

スポンサーリンク


 

 

ロサンゼルスの治安は悪いのか?まとめ!

 

 

結論から言いますと。

危ない時間に、危ない場所にいなければ、安心して過ごせる素敵な所!

と言うのが、私が約8年住んで感じる結果です!╰(*´︶`*)╯

本当に、気候もお天気も最高ですし!ビーチに行こうと思えば!直ぐに行けて♪

私はロサンゼルスが大好きです♡

スーパーマーケットに行ってお会計が終わると、レジの方が

「Enjoy your morning!」や、「Have a beautiful day!」っと笑顔で言ってくれる♡

日本のお友達が作ってくれたピアスを着けて歩いていると。

「あなたのピアスとっても可愛いわね!」と見ず知らずの方が、足を止めて話しかけてくれる♡

自然と人の良い所を見つけて褒める♡という感覚の人達が過ごす、本当にステキな場所です。

そして、そこで過していると自然と自分も人の良い所を見つけ!
相手に伝えるのが普通になって行きます♡(*´꒳`*)

環境が与える影響と言うのは、本当に不思議で興味深いです!笑

 

※最後に、避けた方が良い場所の見分け方を上げます!
Google map は、危険な場所までは教えてくれません。。(´༎ຶོρ༎ຶོ`)

  • 家のドアや、窓に鉄格子が付いている地域。
  • 道にゴミが散らかっている。
  • ホームレスがたくさんいる場所。
  • 夜の公園。
  • South Los Angeles (Watts)
  • Compton
  • Skid Row
  • LAX付近も危ないです。

 

それでは!本日もお読みいただき、心よりありがとうございます。

See you tomorrow♪( ´▽`)ノ